landward
建築部門 > レジェンダリーブランド|デザイン会社概要LINK資料請求問い合わせ
造園部門 > 造園設計(ガーデニングプランニング)施行(造園実例)管理(剪定・薬剤散布・施肥)問い合わせ
レジェンダリーブランド コンセプト
日本の家は資産にならない!?

日本では30年くらいに一度、『家』を建て替えていくという文化が定着していますが、世界中を見渡しても、そのような家の建て替え文化など・・・もちろんありません。

海外では古くなれば古くなるほどにアンティークで価値のある『家』になっていく・・・でも悲しい事に・・・日本ではただの中古住宅・・・。30年前に3000万円した『家』でも査定は0(ゼロ)ということも珍しくありません。まるで電化製品のような消耗品のように『家』があつかわれているのが現状です。


親が家を建て、息子が別荘を買い、孫がボートを買う・・・。

日本の家は一世代ごと、つまり平均で30年に一度建て替えられています。どの世代も多額の住宅ローンを抱え、世帯主は必死に働き返済をしていきますが、いざ住宅ローンが終わるころになると、また家を建て替え新たなるローン返済に追われていきます。

このような事をしていて本当に暮らしが豊かになるのでしょうか?古くからヨーロッパなどでは『親が家を建て、息子が別荘を買い、孫がボートを買う・・・。』という言葉があります。親が長持ちするいい家を建てれば、息子は家を建てる必要はありません。息子は親の建てた家に住みながら、別荘やサマーハウスを買います。孫の代になると家も別荘もあるのでボートを買った りして、海や湖で愉しみます。家を受け継ぎ、価値のある物を買い、生活を愉しむ・・・。このようにヨーロッパでは世代を重ねながら豊かになっていくのです。



‘いいモノ’と‘いい商品’は違います。

‘いいモノ’と‘いい商品’は違います。たとえばある‘モノ’が2000円でいい商品だったとします。でものちに隣で同じものが1900円で売りに出されたり、さらには1800円で新機能が付いたものが売られると、はじめの2000円のものは途端に価値がなくなってしまいます。 
ではここに50年経ったアンティークのテーブルがあったとします。このアンティークのテーブルは新品のときより値段が高いかもしれないし、さら に10年、20年使いこんだとき、ずっとずっと味わいを増して価値を高めていきます・・・。もしかすると30年後にはずっと高い値段で売れるかも知れません。こういうのが‘いいモノ’です。いいモノは時間の経過に左右されません。

このことは家にも当てはまりませんか?皆さんは限られた予算でできるだけいい家を買おうと住宅メーカーや住宅展示場へ行ったりしますが、「いい家」とお買い得な「いい商品の家」を混同していませんか?

人生で一番大きな買い物で、資産として残らなければならない『家』は時間の経過とともに価値が減ってしまうようなものではなく、むしろ時間の経過とともに価値を高めていくようなモノでなくてはなりません。もっとも重要なのは普遍性なのです。

‘商品’に普遍性はありませんが‘いい家’にはずっと変わらない普遍性があります。


商品建材の寄せ集めでは、時間の経過に耐えられる家はできません。

ではなぜそのような事態が起こるのか!? その理由は実は明解なのです。 
日本では大手ハウスメーカーや建材メーカーが新建材・・・たとえばレンガに見えるサイディングとか、木のプリントがしてあるアルミのドアとか・・・そのような製品建材を大手メーカーから地域の工務店までが「寄せ集めて」まる でクルマや電化製品でも作るように均一で量産品のような『家』づくりをしています。それら製品建材は「10年間塗膜保証!!!」とか「よごれがつきにくい 加工!!!」などをウリにしています。そして消費者もその性能がまるで価値であるが如く誤解して、高いお金を払っています・・・。

でもここでよく考えて欲しいのです。どんなに優れた「よごれがつきにくい加工」でも5年、10年・・・。「レンガに見えるサイディングでも15年もすればやはりレンガには見えなくなります・・・。『家』の寿命、住む人の寿命は80年、90年・・・どんな『家』も古くなったり、キズがついたり、汚れたりすることは絶対に避けられないのです。“〇〇風建材”は決してアンティークにはなれません! 新建材の寄せ集めの『家』は決して年月を経て価値の 出る『家』にはなれないのです!

では昔の伝統的な『家』や海外の『家』はどのようにつくられているのでしょうか?昔の日本や海外ではレンガや木、石や塗り壁といった単純な『素 材』を集めて家をつくっています。年月を経ても木には木の味わい・・・こけの生えたレンガは・・・それはそれは素敵なアンティークになっていくのです。 『素材』はウソをつきません。本物は本物の味わい・・・ニセモノはただの中古品・・・。本当に当たり前のことです。


今の住宅業界は絶対におかしいと思います。

国民全員が30年ごとに多大な住宅ローンを抱え、各世代ごとに新築の家を建て替えています。まさにビルド&スクラップ。こんなことをやっているから、日本国民は裕福にならないんです。ヨーロッパのように建築物が時間と共に資産価値が増加して行けば日本国民は裕福になるんです。 我々レジェンダリーホームは、時間の経過とともにゆっくりとアンティークになる家をつくることを通して、家を資産として残し、住宅ローンの繰り返しをやめ、国民を住宅ローン地獄から解放して、親から子へそして孫へ資産を継承し、豊かになっていくサイクルをつくることを目的としています。




日本の建築業界を斬る!

レジェンダリーホームの家は
『たとえば50年後・・・もっと素敵な家になっているために・・・』というコンセプトのもと、年月を重ねれば重ねるほどにゆっくりとアンティークになり、珠玉の味わいを増すようにつくってゆきます。



レジェンダリーホームと共に、日本の住宅業界を変えてみませんか?

もう一度じっくり考えて欲しいのです・・・。今の日本の家づくりは間違っていませんか?  少なくても我々レジェンダリーホームでは・・・『たとえば50年後・・・もっと素敵になっている家』をつくっていきます。

ここには書ききれないもっとずっと色々な事をお応えいたします。 一緒に日本の住宅業界を変えて行きませんか? 


2011-2014(C) copyright All reserved. Landward