landward
建築部門 > レジェンダリーブランドデザイン会社概要LINK資料請求問い合わせ
造園部門 > 造園設計(ガーデニングプランニング)|施行(造園実例)|管理(剪定・薬剤散布・施肥)問い合わせ
施行(造園実例)35
 
 
           
■ 2010年5月 (滋賀県 I邸)

近年、ウッドデッキの人気が非常にありますね。デッキにも、材料で、いろいろありまして、お値段をお安くしようと思えばよくあるSPF材で仕上げる方法、これは、大体5年もすると部分的に、朽ちてくると思います。次には、防腐注入処理されている材料、これでも8〜10年もてばいいほうかと思います。  


近年、非常に人気がありますのは、アイアンウッド(ウリン、イペetc)などの非常に硬い材料が好まれます。これは、耐久性もよく10年以上はもつと言われています。(しかしながら日本に入ってきたのも近年であるため、気候など合う合わないもあると思います・・・)

確かにお値段でいえば、アイアンウッドは正直、高いですね。ですが、将来のことを考えると、お勧めですね。デッキに関しては、いろいろ選べるので、その時々で材料選びも、賢くチョイスすると、ガーデニング造りもさまざまな楽しみ方ができそうですね。


2011-2014(C) copyright All reserved. Landward